投稿規定
1.投稿資格
本誌への投稿者は、共著者を含めて本学会会員であることとする。

2.査読審査
投稿原稿は、編集委員会の査読審査を経て受理する。なお、原稿は採否に関わらず返却しない。

3.投稿原稿の種類と内容
論文:過去の知見に対する十分な考察を踏まえたうえで、独創性のある知見が加えられていること。
研究ノート:新規性が高く、将来の研究の基礎となる可能性のある内容であること。
報告:今後の研究または教育活動に資する内容を含む調査報告或いは実践報告であること。
提言:留学生教育の発展に資する意見であること。
書評:留学生教育に関わる著作であること。

4.原稿の言語及び送付方法
投稿原稿は和文または英文で執筆要領に従って作成し,編集委員長宛に,「投稿申込用紙」,「原稿執筆チェック一覧表」,「原稿」の各1部を,Wordファイル(拡張子は.docまたは.docx)及びPDFの両方で電子メールの添付ファイルとして送信する。

5.原稿の提出
投稿原稿は執筆要領に基づき作成し、完全原稿の形で提出しなければならない。投稿者の母語によらない言語での記述部分(要旨を含む)は、母語話者の校閲を受けたのちに投稿する。

6.原稿の締め切り
投稿原稿は例年4月30日を締切日とし、編集委員会による審査を経て、9月30日までに採用が確定した原稿については当年発行号に掲載する。
第22号(2017年12月発行)の投稿を受付中です(4月30日締切)

7.原稿の掲載と掲載数
投稿者が複数の原稿を投稿した場合、同一号への掲載は、単著1編と共著1編或いは共著2編までとする。ただし、書評はこの制約を受けない。

8.原稿内容の修正
編集委員会は投稿原稿について修正を求めることがある。修正を求められ、再投稿する場合は、指摘された事項に対応する回答を別に付記する。

執筆要項へ移動