留学生教育学会(JAISE)について
留学生教育学会(JAISE)役員
留学生教育学会は・・・
本学会は、留学生に対する教育あるいは指導・支援に携わるすべての国内外の留学生関係者に開かれた学会です。 留学生に関する生きた学問研究を遂行することを目的として、1996年7月に設立されました。 2002年12月には日本学術会議の認定団体となりました。

留学生教育学会の理念
国立大学・公立大学・私立大学・専門学校・日本語学校等において、留学生に関わるすべての教育機関と手を携え、 かつ在野で留学生のためにご尽力しておられる方たちのご意見も頂きながら、より良い留学生環境を総合的に形成して いこうということを理念としています。

新しい概念と分野
留学生教育という学問は新しい概念と分野です。これまで本学会は政策問題に関して討議し建議してきました。 こうした活動の根幹にあるものは、何と言っても留学生と接する現場で苦労されている一人ひとりの声や提言を大事に することです。これらの意見を学会誌や研究発表を通じて社会に周知していくことは留学生教育学会の大きな使命です。 また、留学生教育に従事したいと思っている若い研究者の交流の場としても活用できます。

日常の業務や思いが論文という形になって、社会的なコンセンサスを得て、留学生を取り巻く環境が改善され、 同時に会員にとって留学生教育学会が啓発の場となることを願っています。

一人でも多くの方々の留学生教育学会(JAISE)ご入会のご案内 ご入会をお待ちしております。

研究内容
1.学会誌の発行(年1回、12月発行)
2.研究大会の開催(年1回、8月開催)
3.News Letterの発行(年3回、5・8・12月発行)

他に、調査研究や関連する諸問題について研究会を実施しています。
トップページのニュースでもご案内致します。