[戻る]
【年次大会協力企画】国際部門教職員向け夏期研修(9月5-7日)2018.9.10

参加者36名全員から大好評頂きました!
 第23回年次大会(広島大学・東広島市)の開催に先立ち、学会の協力企画として、「国際部門教職員向けの夏季研修(9月5-7日)」を広島YMCA(広島市内)で開催されることになりました。 
 折角の機会ですので、年次大会参加と併せて参加をご検討下さい。

 東洋大学の芦沢です。
 「国際部門教職員向け夏期研修」について、8月15日まで申し込みをお受けております。是非、ご参加ください。

<研修の概要>
 大学国際化を支える中堅職員、教員のための研修を以下のように実施したします。
 本企画は、「一般社団法人持続可能な国際教育推進のための研究コンソーシアム」が主催し、BRIDGE Instituteが企画に協力する形で実施いたします。
  また、後援団体としてJAFSA,大学行政管理学会、大学マネジメント研究会の支援を得ているほか、留学生教育学会(JAISE)にも協力をお願いしております(後援団体の個人会員には割引制度があります)。


1.開催日時:2018年9月5日(水)・6日(木)・7日(金)
2.研修会場:学校法人広島YMCA学園
 広島YMCA国際文化センター
 〒730-8523 広島県広島市中区八丁堀7-11
 <アクセス>
 http://www.hymca.jp/hall/access/
3.募集人数
定員:36名
 各セッション定員:8〜14名
4.参加費
研修参加費  24,000円 *協力・後援機関の個人会員、学生は19,000円
(別途、交流会費4,000円を徴収します。)
5.プログラム内容・修了書
次の3つのテーマを設定する。
  A:国際教育における異文化理解促進
  B:留学生のリクルーティングとアドミッション
  C:国際教育プログラムの学習成果

 1セッションは6時間:同じ内容のセッションを2回実施いたします。各参加者は3つのセッションのうち、二つを受講することができます(なお、2019年度以降においては、「カリキュラムの国際化」などのテーマを追加していく予定です)。
 参加する2セッションにおいて一定の学習成果を上げた受講者には、修了証を授与いたします。

6.講師
筆内 美砂 (立命館大学 国際教育担当 嘱託講師)
川平英里 (名古屋大学 国際教育交流センターアドバイジング部門 特任助教)
佐藤智之(立命館アジア太平洋大学 アドミッションズ・オフィス(国際) 課長)
白石 勝己(公益財団法人 アジア学生文化協会 理事長)
池田佳子 (関西大学 国際部 教授)
芦沢真五 (東洋大学 国際学部 教授)

7.詳細スケジュール・申込・問い合わせ
以下のサイトよりご確認ください。
 http://recsie.or.jp/2018summer/overview/

締め切りは8月15日まで。
内容に関してのご質問は芦沢(ashizawa@toyo.jp)までご連絡ください。

8.主催及び後援・連携機関
主催 一般社団法人持続可能な国際教育推進のための研究コンソーシアム
後援
 特定非営利活動法人JAFSA(国際教育交流協議会)
 一般社団法人 大学行政管理学会
 NPO法人学校経理研究会・大学マネジメント研究会
協力:
 BRIDGE Institute
 科学研究費助成事業「国際教育プログラムの開発・普及・評価サイクルの構築
 高大連携による学びの実質化」(研究課題:17H02688)
 科学研究費助成事業「外国学歴・資格認証における国際同等性の比較研究」研究課題:16H03784)
協賛
 株式会社JTB
 株式会社 朝日ネット