【御礼】第25回大会:盛況のうちに終了ー(参加者:延べ250+名)

 第25回JAISE大会は、オンライン形式、主にライブ形式ではありましたが、おかげさまを持ちして、盛況のうちに終了いたしました。ご参加・ご協力を頂きました皆様に、改めてお礼を申し上げます。

 大会初日(18日金曜日)は、途中の出入りを含めて、152名の方にご参加を頂きました。
 今年度は、新しいウィルス感染症のために、この業界では、あまり明るいニュースがありませんでしたが、官公庁のの基調講演者をはじめ、日本語教育機関・専門学校等のモデル校としてご参加いただいたパネラー方々からは、皆さんの関心事項である情報や境遇を共有をして頂くことができ、現場で働く者たちにとって次へのモチベーションに繋がったのではないかと推察されます。

 また、大会2日目は、有料企画(会員:1,500円、非会員:2,500円)でしたが、土曜日にもかかわらず、Zoomによる口頭発表の2つのセッションが行われ、それぞれのセッションには朝9時半から20名を超え(合計50名以上)の参加者をもって始まり、延べ約102名の参加を頂きました。
 お陰様を持ちまして、参加申込は200名、2日間で延べ250+名のご参加を頂き、盛況のうちに終わることができました。

 今大会は、ライブ形式のものは終了しましたが、この後、次の1週間は、時間に縛られずに、ゆっくり拝見して頂ける、電子掲示板形式のポスター発表(有料参加者あるいは会員限定)が続きます。
 大会主催者としても驚いているのですが、このポスター発表は、昨日の1日だけでも、既に90件近くのコメントのやり取りが行われています。今回は、日本語教育の事例発表が中心となっていますが、皆さんの関心の高さが伺えます。

 このポスター発表は、9月27日(日曜日)の夜まで閲覧・投稿可能ですので、ゆっくり意見交換をお楽しみください。

 今後とも、引き続き、よろしくお願いいたします。(拝)

留学生教育学会
会長 近藤佐知彦(大阪大学)
第25回JAISE大会実施委員会