JAISE大会2021 第26回JAISE年次大会

第26回JAISE年次大会

盛況のうちに終了しました.ご参加いただいた皆様,ありがとうございました.

第26回留学生教育学会・年次大会(シンポジューム・教育研究発表)

大会テーマ「ポストコロナ禍における留学生受け入れ政策の新たな展開と課題」

(随時情報を更新します)

(1)【開催日程】

【大会1日目】
日時:8月20日(金)10時~15時半
会場:Zoomによるライブのシンポジューム・パネルディスカッションを予定しています(事前にZoomのURLをお申し込みの方にお知らせします).

開会(10:00)
・開会挨拶
・オンライン会議の諸注意と承諾事項説明
・ゲスト紹介と進行概要説明

第1部  ★シンポジューム(10:00 – 10:30)
テーマ「コロナ禍における留学生交流の最新動向」
 基調講演
  文部科学省高等教育局学生・留学生課留学生交流室長 髙橋一郎様

第2部 ★パネルディスカッション(10:30 – 12:00)
テーマ「ポスト留学生30万人計画の課題と展望」
概要「留学生30万人計画を通して留学生の入学(留学)経路と卒業後の進路がどのように変わったかを概観したうえで,当該政策期間中における留学生,教育機関,教育内容などの変化と多様化をレビューしながら,30万人計画の総括をしたいと思います.そのうえで,各登壇者にポスト30万人計画の課題と展望について,それぞれの立場から語ってもらいます.最後に,フロアを交えてポスト30万人計画で優先的に取り組むべきことは何か,それに対して私たちは何をすべきかについて議論したいと思います.」
 モデレーター
  太田 浩(一橋大学全学共通教育センター教授)
 パネラー
  二子石優(一橋大学言語社会研究科博士後期課程)
  永井早希子(学校法人ギャラクシー学園東京ギャラクシー日本語学校理事長)
  長谷川惠一(学校法人エール学園理事長)
  白石勝己(公益財団法人アジア学生文化協会理事長) 

第3部 ★シンポジューム (13:00 – 14:30)
テーマ「大学間教育交流のニューノーマル」
 事例報告「新型コロナ流行と留学事業に関する緊急アンケート調査報告II(継続)」
 パネラー 
  近藤佐知彦(本会会長,大阪大学国際教育交流センター教授)
  岡田昭人(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)
  石倉佑季子(大阪大学国際教育交流センター准教授)
  櫻井勇介(お茶の水女子大学基幹研究院人文科学系講師)
  仙石 祐(信州大学グローバル化推進センター講師)
  中野遼子(大阪大学国際教育交流センター 特任助教)

総会(14:30 – 15:30, 会員のみ)

【大会2日目】
日時:8月21日(土)9時30分~16時
会場:Zoomによるライブの研究発表(口頭発表及びポスター発表)・セッションを予定しています(事前にZoomのURLをお申し込みの方にお知らせします).

研究発表(口頭発表及びポスター発表)(9:30 – 16:00)

第26回留学生教育学会研究発表スケジュール

日時:2021年8月21日(土)9:30~16:00

【午前の部① 9:30~10:50 発表時間15分 質疑応答5分】

グループ1

氏名・所属テーマ
Tokkarina Akmaral・東京外国語大学カザフスタンの高等教育における留学及び頭脳流出
千葉加恵子・国際教養大学高等教育機関における伝統文化講座茶道,華道の授業
中村絵里・千葉大学大学生のグローバル価値観に関する考察 -発信力,自己表現力,コミュニケーション力,多文化受容力に着目して-
山崎真伸・昭和女子大学オンライン言語学習プログラムのによる内なる国際化への取組 -海外協定大学学生とのオンライン学習プログラムの実践報告-

グループ2

氏名・所属テーマ
二子石優・一橋大学大学院進学予備教育に関する日本語学校の課題 -社会・学校・学生の「3つの次元」に着目して-
岡田茉弓・大阪大学日本語教師が日本語学校経営者になる際の阻害要因 -日本語教師出身経営者の語りからの探究-
矢澤健太郎・東京国際ビジネスカレッジ人間涵養教育としての異文化理解 -分類,段階,比較のアプローチの視点から-
高瀬亜美香・東京デザイン専門学校東京デザイン専門学校におけるコロナ禍の対策と今後の課題

☆10:50~11:10 休憩

【午前の部② 11:10~12:10 / 12:30 発表時間15分 質疑応答5分】

グループ3

氏名・所属テーマ
グリブ ディーナ・名古屋大学
伊東章子・名古屋大学
曾 煒・名古屋大学
川柳コンテストの応募作品の分析に基づく留学生と日本人学生の感性と表現力の比較研究
山内美穂・長崎国際大学「地域滞在型国際共修プログラム」を通じた留学生と国内学生の関わり
林雅子・東北大学留学生の学修機会拡充を目指したハイフレックス(HyFlex)型国際共修授業

グループ4

氏名・所属テーマ 
柳沢美和子・東京基督教大学SGU英語学士課程における日本語教育の現状
古川智樹・関西大学日本語教育における反転授業を用いたアカデミックリテラシー教育実践 
林 韻・広島大学
唐 然・広島大学
邵 雲彩・広島大学
松見法男・広島大学
中国人上級日本語学習者の文章聴解時における図表情報の処理 -作動記憶容量の呈示タイミングを操作した実験的検討- 
毛 炫琇・広島大学 作動記憶容量が日本語文のリピーティング時における意味処理と音韻保持に及ぼす影響 -構音抑制課題を用いた実験的検討-

☆12:30~13:00 休憩

【午後の部① 13:00~14:00 発表時間15分 質疑応答5分】

グループ5

氏名・所属テーマ
黒田千晴・神戸大学中国の高等教育における留学生政策 -教育の質保証と留学生管理に関する施策を中心に-
中村理香・東京外国語大学イタリアにおける留学生へのポストコロナの影響 -新日常とソーシャルサービスについての事例的研究-
髙橋彩・北海道大学留学生教育はインクルーシブ教育にいかに貢献できるか -イギリスにおける「合理的配慮」からの示唆-

グループ6

氏名・所属テーマ
Naomi Tsunematsu・Hiroshima UniversityNarratives of International Students Facing the Covid-19 Pandemic: Communication and Discontinuation of Study Abroad in Japan
高橋美能・東北大学
坂本友香・東北大学
ポストコロナ時代に向けた「留学」プログラムと留学啓発活動:東北大学の事例
渡部由紀・東北大学
林聖太・東北大学
ポストコロナ時代に向けた短期海外留学プログラムの学習目標の再考 -東北大学における現地研修型・オンライン型プログラムの参加者アンケート調査結果の比較から-

☆14:00~14:20            予備+休憩

【午後の部② 14:20~16:00 発表時間15分 質疑応答5分】

グループ7

氏名・所属テーマ
京祥太郎・至誠館大学
薬師寺徹・至誠館大学
山口顕秀・至誠館大学
学部留学生を対象とした入学前教育の取り組み -レディネス調査の開発に向けて-
小柴裕子・京都精華大学大学における留学生支援について
黄 美蘭・東京都立大学中国人留学生の就職活動について
古谷礼子・名古屋大学
曾 剛・名古屋大学
レレイト エマニュエル・名古屋大学
グリブ ディーナ・名古屋大学
コロナ禍における外国人留学生の渡日に係る課題 -成田国際空港送迎バスの事例を踏まえて-
大西晶子・東京大学コロナ禍の留学生支援・留学生相談 -留学生はどのように相談資源につながるか-

グループ8

氏名・所属テーマ
櫻井勇介・お茶の水女子大学日本におけるニューノーマル期の大学間学生交流のポリシーメイキングの概念化を模索して
近藤佐知彦・大阪大学ニューノーマルな大学間交流
中野遼子・大阪大学
鈴木恵・大阪大学
木村多嘉子・大阪大学
日本におけるニューノーマル期の大学間学生交流の方針に関する考察/実践報告 -学校種類別による比較検討を中心に-
仙石祐・信州大学日本及びアメリカのニューノーマル期の大学間学生交流の方針に関する比較考察/実践報告

(2)【参加申込と参加申込・参加費用等】

会員 1000円
非会員 2000円

(大会1日目・2日目通し価格)

大会に参加される方は,下記リンク先より参加チケットをご購入ください.

口頭発表(個人・共同)・ポスター発表は会員に限られます.口頭発表(個人・共同)・ポスター発表をご予定の方は,7月12日(月)までにご入会手続きをお済ませください.

(3)【大会当日の発表方法】

個人・共同による口頭発表およびポスター発表を行います.口頭発表はZoomで行います.口頭発表・ポスター発表いずれも,タイトルと300字程度の要旨により審査を行います.

 <スケジュール>
 7月12日(月):口頭発表(個人・共同)・ポスター発表の事前申し込み締め切り
 7月19日(月):事務局より発表者へ発表予稿作成依頼,発表スケジュール公表
 8月2日(月):予稿投稿締め切り
 8月10日(火):予稿公開

(4)【運営組織】

主催 留学生教育学会
共催 一般社団法人 外国人留学生高等教育協会